BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

初心者用WordPressのプラグインこれだけ!使い方インストールリスト

      2016/01/30


simplu27 / Pixabay

 

サーバー・ドメインの取得も済み、WordPressのインストールも終わったら次のステップは「プラグイン」のインストールです。まだ準備が整っていない方は過去の記事をチェックしましょう!

ステップ1:「何からすれば・・・」ブログサイト運営にあたって決めておくと捗る3大ポイント

 

ステップ2:いよいよ始めるブログサイト運営!やることイチからリスト

 

今から紹介するプラグインはぼく自身が色々と試した上で、”まず始めに、これだけはしっかり入れておきたいプラグイン“と感じたものをミシュラン形式でまとめた厳選プラグインです!

このプラグインを使いこなして、サイトをもっと効率的に運営出来るようにしていきましょう。さぁ、スタートです!

その前に確認!プラグインって何?

stux / Pixabay

 

具体的なプラグイン紹介に入る前に、まずはプラグインの説明から入りましょうか。プラグインとは簡単に言えばWordPressにオプションで追加していく追加機能の事です。現在多くのプラグインが公開されていますが、それをどう組み合わせるかはアナタ次第、自分のサイトを自由にカスタマイズしていって理想のサイトにしていきましょう!

おっと!その前にプラグインを利用する上の注意点を一つだけ。

プラグインを利用する場合は、かならずバックアップをとっておきましょう!利用しているサーバー環境や使用するサイトテーマによっては相性が悪く、エラーを起こしてしまう事があります。一度エラーを起こしてしまうと元の状態に戻すだけでも大変苦労します。どこのコードが悪さをしているのか・・・WordPress初心者にとって、何がなんだかよくわかっていない状態で原因を探すのはもの凄くストレスです。

過去の僕が面倒くささから、バックアップをろくにとらず好き勝手にプラグイン入れたりコードをいじっていて、その結果サイトが表示不能になったので・・・(涙)

そんなストレスフルな過ちを誰かが繰り返さないためにも要注意ということで。笑

プラグインインストール方法について

1,WordPressの管理画面からダウンロード

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >プラグインを検索

2,WordPressの公式サイトからダウンロード

http://wordpress.org/plugins/

三つ星★★★-必須の鉄板プラグイン

All in One SEO Pack

all-in-one-seo-pack

ダウンロードページヘ

これは標準装備でしょう!っていうぐらいの大定番プラグイン。サイト訪問者を増やすためには欠かせないSEOの設定や、ソーシャルメディアへの拡散の為の重要なタグ設定など一連の設定を完璧に出来る大変便利なプラグインです。どのプラグインのオススメ記事にも1番目に入っているような必須のプラグインになります。

 

WP-PostViews

pw

ダウンロードページヘ

WP-Postviewsは自分のサイトに人気記事の一覧を設定することが出来るプラグインです。人気記事のカウント設定はPV数・シェア数など幾通りから選択することができ、あなたのサイトの中で人気のある記事をウィジェット部分等に設置することで更にPV数・アクセスUPを狙う事が出来ます

 

 

Table of Contents Plus

top

ダウンロードページへ

Table of Contents Plusは記事に目次を用意することができるプラグインです。文章のhタグを読み取って自動的に目次を作ってくれるのですごく便利!サイトの訪問者はこの記事がどのような構成なのかをひと目でわかるようになりますし、何より自分のブログ記事が玄人っぽい見た目になるので楽しいです笑

 

 

 

 

二つ星★★☆-出来れば入れておきたい秀逸プラグイン

Add Quicktag

add-quicktag

ダウンロードページへ

AddQuicktagは、よく使用するHTMLタグを登録しておき、使いたい時にワンクリックでタグを呼び出して利用できるようにしてくれるプラグインです。

このプラグインを使うことによって、原稿の執筆中にその度に何度も同じHTMLタグをイチから入力する手間を省く事ができ、記事を書く作業が圧倒的に捗ります。これからサイト運営を進めていくうちに頻繁に使用するHTMLタグが出てくるかと思いますので、これに登録して作業を簡素化してあげましょう!

特徴としてこのプラグインは、ビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方で利用できますので、どちらのエディタで文章を打っても対応できます!

 

Fancier Author Box

123

ダウンロードページへ

Fancier Author Boxは記事の一番下に投稿者のプロフィールを表示させてくれるプラグイン。”この記事を書いた人”といった表示をさせる事ができたり、個人の各SNSアカウントのリンクを表示させることも出来ます。これも自分のサイトの見栄えが良くなるスグレもの!訪問者にとってもどんな人が書いているかわかったほうが好感も持ちやすいかと思います。僕がプラグインで一番「スゲエッ!」って感じたのがコレでした、内部系のプラグインと違ってわかりやすいですからね笑

 

Pixabay Images

231

ダウンロードページへ

Pixabay Imagesはブログ投稿画面のエディタ上でイメージ画像を探せるようにすることが出来るプラグインです。いちいち別ウィンドウを開く必要がなく、ブログを書きながらイメージに合う画像を探すことができます。ブログのアクセス数にも大きく関わってくるアイキャッチ部分や本文中のイメージ画像、毎回いろいろなところから探すのも面倒なのでコレを入れておくのがオススメです。

 

一つ星★☆☆-余裕があればこちらもオススメプラグイン

Contact Form 7

cf

ダウンロードページへ

Contact Form 7は、誰でも簡単に自分のサイトへ問い合わせフォームを設置する事ができるプラグインです。
設定自体はとてもシンプルで簡単な操作でチェックボックスやラジオボタン、メニューなど様々な項目を追加することが可能なので問い合わせや仕事依頼といった使い方が出来るかと思います。

 

TinyMCE Advanced

123

ダウンロードページへ

TinyMCE Advancedは、WordPress記事作成画面のビジュアルエディターに様々な機能を追加したり、自由にカスタマイズできるようにするプラグインです。設置可能な機能は数十種類あり、その中からビジュアルエディターへ追加したい機能を選択する事で自分仕様の使い勝手の良いビジュアルエディター画面を作ることが出来ます

 

まとめ

以上オススメ順にプラグインを紹介してきました。WordPressの魅力の一つは豊富なプラグインです。今回紹介したプラグインの他にも数えきれないほどのプラグインがあります。プラグインを入れ過ぎるとサイトが重くなってしまう可能性もありますので自分の中で「コレだ!」っていう厳選プラグインを選んで使っていけるようにしましょうね。

 

 - ブログ運営