BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

時間効率を高める!残業した方が働いているという幻想を解こう

   


qw

「今日も残業かなー」。仕事量が増える繁忙期やイレギュラーな案件の対処などでついつい残業をしていませんか?最近は残業代もも出なくなってきている会社が増えてきていますよね。定時で仕事を終わらせ有意義なアフター5にするためにも身につけたいテクニックをまとめました。

残業している人の方が頑張っているという考えをやめる

zephylwer0 / Pixabay

残業をついついしてしまう人、もしかしたら心の何処かで“残業して頑張ってるな!”と感じている部分はありませんか?また多くの会社で残業している人=頑張っている人という考えがまだ根強く残っているところも多いかと思います。

その残業している時間は本来あなたの仕事以外の楽しみやリラックスにあてる時間なんです。まずは”残業”という考え自体を自分のなかから無くすことから始めましょう。

変な気を使わない。スルースキルを高める

holdosi / Pixabay

定時終わりでキッパリと退社!上司が退社してから自分も・・・。ついつい気を使っていませんか?帰りたくても帰れない雰囲気の会社側にも問題はありますが、自分が変な気を使わないようにする方が問題が早く解決しますよね!

自分が過剰に気を使っているだけで、周りの人はそこまで気にしていません。そして、あなたの上司は働いている成果より普段の仕事の成果を評価基準にしているはずです。

時間内で仕事を終わらせ切り上げるという事に自分でOKを出してあげましょう

出勤前に1日の時間の使い方を整理する

常にバタバタしている人の特徴として目の前の仕事に振り回され、時間に追われてしまっている傾向があります。例えば朝9時から1時間は携帯の電源を切ってメール処理をする時間、といったふうに時間の使い方を学校の時間割のように整理する事で同じ1時間の使い方でも生産性が格段に上がります。

朝の出勤前に、今日はどのような流れで1日を使っていくか事前に把握しておくだけでも大きく変わるのではないでしょうか。

人に振るテクニックを身につける

Unsplash / Pixabay

責任感が強い人ほど、ついつい自分で全てこなしてしまいます。自分でやった方が質が高かったり早く出来たりするかもしれませんが、それではいつまでたってもあなたが慌ただしいままです。

部下の成長のため、自分の更なる成長の為と思い任せられる仕事は積極的に振るようにしていきましょう。少し不安な場合は、定期的に報告をもらうようにすれば問題ありません。あなたの分身を作る感覚で、育てる感覚で仕事を誰かに任せる事も残業を無くすテクニックです。

自分がしなくてもいいことは削ぎ落とす

jarmoluk / Pixabay

ついつい人が良すぎて全ての仕事を請け負っていませんか?”NO”という勇気も必要ですよ。すべて受けてしまっているからこそ、頼みやすい人として自分がしなくてもいい仕事ばかり舞い込んでしまいます。断ることは甘えでも怠慢でもありません、大切な自己主張です。

断るという自己主張をしていき、本当に自分がとりかからなければいけない仕事だけを手元にのこすようにしていきましょう

処理する仕事なのか生み出す仕事なのかを区別する

jarmoluk / Pixabay

仕事には2種類あります。とにかく処理していく作業的な仕事0から1を生み出す創造的な仕事です。あなたを残業に追いやっている仕事はどちらですか?

作業的な仕事なら自分が集中できる時間や環境を用意できるようにしておきましょう。作業的な仕事がはかどるのは脳の構造上、集中力が高い朝が適切だと言われています。午前中は処理する仕事を固めるというのも一つの手です。もし午後以降処理する仕事が出てきたら、明日にまわすか他の人に振るかするぐらいのメリハリをつけるのです。

創造的な仕事の場合は、単純に使った時間が良いアイディアを生み出す事と比例するとは限りません。自分が限りなくリラックス出来るように場所を移したり、気分転換を積極的にする事がオススメです。良い案は意外と家に帰ってからや食事中に出てくる事の方が多いです。創造的な仕事は時間を浪費して何も出てこないとストレスになり、余計いつまで経っても出てこなくなるリスクもあります

処理する時間生み出す時間を明確にわけて、どちらも良い成果が出せるように環境を整えることが重要です。

がんねん坊やのまとめ

残業に慣れてしまうと時間が忙殺されてしまうばかりかひとつひとつの仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。メリハリをつけないとかえって常に頭の中に仕事のことがよぎったりと精神衛生上よくないので、仕事をこなす自分ルールを作っていき自分の為の時間も用意してあげれるようにしていきたいですね。

時間の使い方、生産性の向上においては7つの習慣が一番参考になります。意識次第で成果が大きく変わるのもビジネスの醍醐味だと思いますので、偉大なる先人の知恵を借りて生産性を高めていきましょう!

さくっと気軽に読みたい人はまんが版をどうぞ。

 - ビジネスハック