BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

(2017情報更新)ウイニングイレブン2016の神データ入れ方について【DL先あり】

      2016/09/23


CSfOa4uUcAAWjPz

New!→ウイニングイレブン2017の神データについてはこちらをどうぞ

本記事はこちらより↓

2015年10月1日に発売されたウイニングイレブン2016のエディット(通称”神データ“)について触れていきます。画面はエディットした我が家のプレイ画面です、これでウイイレlifeが更に充実します! その前にFIFAシリーズと悩まれている方はまずはこちらで判断するのもありですよ→FIFA16とウイイレ16を徹底比較!7番勝負で調査!

(プレイ中キャプチャ画面)

CSfMTGYUsAEYajT

マンチェスター・シティやチェルシーだってこの通り!

普段あまりゲームとかアプリとかやらない方なのですが、このウイニングイレブンシリーズだけは僕ひたすらやっているんですよね笑。ウイニングイレブン2016をやる為だけにより快適なプレイ環境を求めPS3からPS4に買いかえるぐらいの情熱です笑。

そのPS4と一緒に買った、音マニアの人達の中でめちゃくちゃ話題になってたこの最高音質ワイヤレスヘッドホンが一番衝撃でした。

テレビとPS4にスムーズにリンク設定できて、ワイヤレスだから家の中で使うのがとにかく快適なんです。うちは賃貸なので、夜遅くにウイイレすることが多くって音量を小さめにやっていたんですけどこれで全部解決しました。

やってみて気づいたのがボールを蹴る音とか観客の感性とかのサウンドクオリティがテレビのスピーカーと全く違うんです!あのスタジアムで聞くボールを蹴る「ドンッ!」っていう鈍い音がちゃんとゲームで再現しているんです。

FPSユーザーとかもワイヤレスヘッドホンは必須みたいですね、これはウイイレに限らずPS4と一緒に用意しておいて絶対損はしないと思います、のめり込みが格段に変わってきます。

僕が買った時は25,000円だったのですが今は12,000円程まで落ちてるみたいですね・・・これは悔しい!

“神データ”とは

そもそもウイニングイレブンの神データとは何なのか。初めての方向けに説明をしておくと「ウイニングイレブンのエディット用の編集済データ」の事です。世界中のウイイレユーザーの有志の方々がより良いプレイ環境の為に、自作でユニフォームやエンブレムを本物と何変わらぬクオリティで再現しているデータがこの世に存在しています、それが神データというやつです。

ウイイレの永遠の課題、取得ライセンス

ウイニングイレブンシリーズは近年FIFAシリーズとライセンスの取り合いをしています。残念ながらプレミアリーグやドイツブンデスリーガなんかはFIFAにライセンスをごっそり持って行かれているのでウイニングイレブンでは偽名や偽エンブレムを使っている状態なのです。ユニフォームとか普通にダサいです、只々ダサいです。もはや似せる気すらないだろうと開き直りすら感じる再現性。

頑張れマクレスターC!!(注:マンチェスター・シティの偽名)

いっけーテルフィィィィィィイ!!!(注:チェルシーの偽名)

この偽名チームのほうがもはや愛着湧いている人。かなりのウイイレフリークの方ですね笑

フットボールファンにとっては、よりリアリティがある方がゲームも勿論楽しめます。それでは導入手順に入りましょう。

完全保存版!手順解説

用意するもの

・USBメモリー(推奨はUSB3.0)



PS4はUSB端子がありますので、今後様々なゲームでも使うであろうUSBを一つ大きめの容量のもので持っておくと何かと捗りますよ。愛用品のTOSHIBAのUSBメモリ、最新の規格USB3.0で高速転送の為一番使いやすい。いつも電子品を買っている格安の大手通販サイト「上海問屋」。32GBで1000円切ってしまうなんて良い時代になりました・・・。
上海問屋でUSBメモリをチェックしてみる

各リーグエンブレム・チームエンブレム・ユニフォームデータDL先

上のサイトになります。海外のサイトになりますが下の手順でダウンロードすれば問題なしです!

手順

上のURLにアクセスしたら下のような画面が出てくるかと思います

1

①それぞれのアイコンのマークをクリックしてダウンロードページへと進む

これが各国ロゴ(プレミアリーグ・ブンデスなど)↓

competition logos

これはプレミアのユニフォームデータ↓

bpl logo

これはブンデスのユニフォームデータDL先です↓

bundesliga logo

 

②アイコンをクリックするとこの画面になるかと思います。右上の緑のバナー、【DOWNLOAD】をクリックしてPC内にダウンロードしましょう!

3

補足:ファイル名にある「PES」とはウイニングイレブンの海外での呼称です(Pro Evolution Soccer)

③ダウンロードしたデータをチェック(画像はプレミアリーグのデータをDLしたもの)

4

 

 

上から

  • チームエンブレム
  • ユニフォームデータ
  • 監督写真

が確認出来るかと思います。

④そのデータをUSBに入れる。フォルダ名は「WEPES」で!

DLしたデータをUSBメモリーに入れてあげて下さい。1点注意してほしいのが、「WEPES」というフォルダに各データを入れて下さい!ウイイレでUSBメモリーのデータを読み込む時、この「WEPES」というフォルダにしておかないと認識してくれません。

⑤USBをPS4に差し込み、ウイニングイレブン起動

⑥エディットモード>画像インポートでUSBのデータを取り込む

⑦それぞれのチームに設定して反映させる

⑧完成!より良いプレイ環境を!

以上です、やってみれば簡単なものです。

追記!チームベースカラーはユニフォーム設定前に変更を!

ゲームプレイ画面の下に出てくるレーダーアイコンありますよね?あれって、デフォルトのままだとユニフォームデータ取り込み前の色になってしまうみたいです!例えばチェルシーのユニフォームデータ変更したのに、レーダーでは何故か黄色・・・といった状態です。

この原因はデフォルトで設定されているチームのベースカラーのせい。これは、エディット画面にてユニフォームの画像インポートをする前にベースカラー(シャツ部分の一番上の項目、ベースカラーの変更のみで反映されます)を変えることによって直す事が出来ます。そのままだと、インナースパッツもその色に影響されてしまうのでせっかくのリアリティが損なわれてしまいます!

ここは必ず直しておきましょう!

実際にエディット修正してみて

編集されたエディットデータはプロのものと全く遜色ないです。有志で取り組んで頂いた方々のウイイレ愛を感じずにはいられませんね。これを悪用してオークションサイトとかで転売している人たちもいます、本当に残念です。

また今回のウイイレではジョン・カビラ氏による各国主要都市の音声データが収録されています。ユーザー思いの素晴らしい配慮ですね。

リヴァプール!とかドルトムント!ってジョン・カビラ氏が叫んでも、都市の名前を不意に言っているだけなのでライセンスに引っかかりませんもんね!笑 うーん、考えたものだ。

ですのでユニフォームデータやチームエンブレムをエディットしたら実況名なども変更してあげましょう。

全てのチームを反映させようと思ったらプレミア・ブンデスだけでも相当な作業量ですが、このデータを制作して頂いた方々の労力や、今後のプレイ環境を考えたら何のその!感謝しながら使用しましょうね。

まとめ

近年サッカーゲームの二分化が進み、FIFAかウイニングイレブンか!といった論争があちこちでされています。ぼくも毎週欧州サッカーを見ているのでFIFAのライセンスの充実度にFIFAに移行しようとした事が多々ありました。でも体験版とかやっても、どうもしっくり来ないんですよね。FIFAのネット上での評価は高いのに、個人的には何かしっくりこないんです。

選手の顔の作りがいかにも「海外で作りました」みたいな質感だったり、UIがどうもイマイチ悪かったり。

FIFA側の素晴らしい点も多々あるのは分かりますが、単純に”ゲーム”として楽しむのは断然ウイニングイレブンの方が優っていると思います。とことんリアリティのあるゲーム性を追求するのか、ゲームとしての楽しさを追求した操作感を求めるのか。

これは完全にプレイヤーの価値基準によります

神データで正規のライセンスと同等のクオリティを再現したウイイレが僕にとっては、つまるところ一番理想的な選択でした。

この記事が少しでも皆さんの手助けになれば幸いです。

追記:

いよいよ最新作ウイニングイレブン2017が2016年9月15日に発売になりますね!ゲームを買うときは毎回amazonではなくて駿河屋というゲーム通販の大手老舗サイトで買っています。amazon、楽天、と毎回値段を比較して1円でも安いところで買うのですいつも駿河屋が最安なので最近は比較すらもしていないです。笑

今回も予約の段階でウイニングイレブン2017が定価の19%OFF、1500円近く値下がりしてゲットできそうなのですぐに予約しました。ウイニングイレブン2017も皆で楽しんでいきましょう!

駿河屋のウイニングイレブン2017取り扱いページ

 - メディア ,