BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

初心者によるSEOの考え方-ホワイトハットとブラックハットについて

   


Negativespace / Pixabay

 

がんねん坊やを運営するにあたってwordpressSEOといった事を意欲的に学ぶようになりました。サラリーマン時代に仕事として基礎を勉強した事はありますが、やっぱり自分事になるとのめり込み具合が違いますね。調べていくとSEOは奥深くて色々と実践的なテクニックもあるのですが、SEO対策をする上で根本的な考え方としてホワイトハットブラックハットというものが存在する事を知りました。

これを調べると色々興味深い、、、早速記事にしてまとめていきます。

本質を追求するホワイトハット

LubosHouska / Pixabay

ホワイトハットと呼ばれるSEO対策において一番重要視するものはユーザーです。ユーザーにとって本当に有益な情報を提供出来るように記事や構成を考えるSEO対策がホワイトハットです。2年ほど前まで、このホワイトハットの取り組みのサイトの質の追求だけでは検索上位に上げることは非常にハードルが高かったのです。

しかし近年のGoogleの検索アルゴリズムのバージョンアップにより、質の高いサイトは上位表示がされやすくなっている傾向です。これは今後も更に技術が向上し、ホワイトハットの取り組みをしているサイトが優遇されていくでしょう。Googleサイドからしたら検索ユーザーの知りたい内容を出来るだけ正確にサイトへ誘導したいのです。

結果を最優先するブラックハット

fill / Pixabay

一方ブラックハットでのSEO対策で一番重要視するものは検索上位という結果です。運営しているサイトが検索上位表示されやすくなるという事は訪問者数も増え、その結果広告収入がグッと増えていきます。具体的な手法をあげると、オールドドメインを大量に買い付けてそこから被リンクをつけたり、SNSのシェア数を操作したり・・・。調べただけでも多くの手法が出てきます。おそらくネット上に出ていない強力なブラックハット手法も沢山あるでしょう。調べていて、これは強力な麻薬のようなものだという印象を受けました

取り入れれば、無理にでも検索上位を上げてPV数を上げることが出来るんです。ユーザーに配慮した本当に素晴らしいサイトも沢山あるでしょうが、その逆もしかりでしょう。

ブラックハットによって上位表示されているサイトが数多くあることも事実

seadog / Pixabay

ブラックハットによって本来評価されるべきサイトより上位表示されているサイトはどのジャンルにおいても数多く存在しています。ホワイトハット・ブラックハットの定義だけを見ているとブラックハットはかなりヒールな感じがしますね笑。実際サイト運営やブログ運営をしている人達にとってはブラックハットを取り入れている事を敬遠している傾向が強いです。

ですがブラックハットのサイトがペンルティを受け内容Googleの向上していく検索精度を常に調べ、修正をかけていく運営者の取り組む作業量・分析力はビジネスとしては評価される側面もあるみたいです。現にそれで月に数百万稼いでいる人も数多くいますから。

がんねん坊やのまとめ

サイト運営といっても様々な形がありますね。サイトを運営する者にとってGoogleの検索ルールは絶対です、どれだけ良い作品を作っても世に出す手段が無ければ生み出していないと同じですからね。Googleは「本当に価値のある情報を届けられるようにする」とメッセージを発信している以上、これからも質の高いコンテンツが優遇されるようになっていくのは間違いないでしょう。

ブログの魅力は、ストック型コンテンツとして一度生み出した記事は財産となり残っていく事です。

SEOを学んで追求していくのも良いですが、本当に有益な情報の記事はSEO対策どうこう以前に勝手に評価されるという事です。

 - ブログ運営