BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

【完全マニュアル】ウイニングイレブン2017の神データのやり方手順と注意事項

      2016/09/28


 

Winning Eleven 2017_20160918183719

2016年9月15日に発売されたウイニングイレブン2017のエディット活用、通称”神データ”について今回も手順を追って触れていきます!サッカーファンなら、ゲームにだってとことんリアルを追求したいもの!神データを活用してより没頭できる仕様にしていきましょう!

ウイニングイレブンシリーズのファンにとっては毎度おなじみの”ライセンス問題”。この問題によって欧州のトップチームのユニフォームやチーム名までもがゲーム上の架空の名前になってしまうのはとても残念ですよね・・・

毎年ゲームクオリティが向上してきているのに、自分の大好きなチームが架空チームだった時のガッカリ感はとても大きいものです。

今回のウイニングイレブン2017では長らく架空チームだったアーセナルやドルトムントのライセンスを取得!これには歓喜したファンも多いはず!しかしその反面、前作まではライセンスが取れていたマンチェスターユナイテッドやレアルマドリード、なんとユベントスまでもが今回は架空チームになってしまいました。これは残念ですよね。

しかし神データを使用することによって、ここまで再現できるのです!

Winning Eleven 2017_20160918183956

この再現性!今夏イブラヒモビッチやポグバなど積極補強をしたマンチェスターユナイテッドを使いたいユーザーも多いはず!というかグラフィックがまた各段に良くなっている!感動!!

前作ウイニングイレブン2016の時も神データの取り扱いについての記事をまとめたのですが、今回は前作以上に取り込み方が簡単になった印象です。KONAMIさん、ありがとうございます!

そしてこの神データは世界中のウイニングイレブンユーザーの方々が有志で制作をしてくれていますので、無料で配布してくれていることに感謝しながら早速自宅のウイイレを神データ仕様にしていきましょう!

 

完全マニュアル!神データの入れ方

STEP1:用意するもの

・USBメモリー(USB3.0推奨)

神データはネット上でダウンロードする必要がありますので、そのデータをPS4に取り込む為にUSBメモリが必要となります。

愛用しているAmazon限定モデルのUSB3.0タイプ。無期限保証でこの値段はかなり質が良いかと。PS4でのセーブデータやプレイ映像のやりとりでUSBメモリは何かと使う機会があるので大容量のものを買っておくことをお勧めします。

STEP2 :神データのダウンロード先

上記のサイトへアクセスしてください。このサイトは海外のウイイレファンが運営しているサイトになります。説明等はすべて英語になっていますのでダウンロードまでの手順を説明していきます。

STEP3:神データ取り扱いサイトでダウンロード完了までの流れ

1

先ほどのURLにアクセスするとPESWORLDというサイトが立ち上がり、ページ下の方に上のような画面が出てくるはずです。これらが上から順に

  • 各大会のエンブレムデータ
  • プレミアリーグの各チームデータ(ユニフォーム、監督、スタジアム)
  • リーガエスパニョーラの各チームデータ(ユニフォーム、監督、スタジアム)
  • イングランドチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)の各チームデータ(ユニフォーム、監督、スタジアム)
  • セリエAの各チームデータ(ユニフォーム、監督、スタジアム)

となっていますので、欲しいデータをクリック↓

8

するとこのような英語がズラーっと書いてあるページに飛びます。

タイトルはそれぞれこのようなデータを指しています。

PES World PES 2017 Premier League add on.→イングランドプレミアリーグの神データ

PES World PES 2017 La Liga add on.→スペインリーガエスパニョーラの神データ

PES World PES 2017Sky BET Championship add on.→イングランド2部リーグの神データ

PES World PES 2017Sky Serie A add on.→イタリアセリエAの神データ

​PES World PES 2017 Competition emblems.→各リーグ・各大会の神データ

ですのでそのタイトルの下にある【CLICK DOWNLOAD】を押してください。

そうすると下記のページに飛びます↓

2

このページ右上にある緑のDOWNLOADバナーをクリックすると神データのダウンロードが始まります!

これでダウンロードまでは一区切りです。欲しいデータを一通りダウンロードできたらPS4に取り込む作業に移ります。

※補足:ダウンロード中ポップアップで登録やクリックを促すような広告が出てくる可能性が高いのでそれは無視して×を押してください。広告の中には明らかスパムが入ってそうだなと思うようなものも出てきましたので・・・参考までに↓

3

これ間違ってクリックする人もいるんじゃないかと思うほど巧妙な手口ですよね笑。間違えて変なソフトをインストールしないように気を付けてくださいね!

STEP4:神データをウイイレに取り込む

ダウンロードした神データを事前に用意しておいたUSBに入れるのですが、ここでの注意点は1つ。

USB内に「WEPES」というフォルダ名を作って、その中に各データを入れてください!そうしないとゲーム内でUSBを差し込んでもデータを上手く読み込んでくれませんのでここだけ注意してくださいね。

神データ入りのUSBの準備が整ったら、PS4のUSB端子にセット。

ウイニングイレブン2017を起動させて

エディット→データ管理→インポート/エクスポート→チームインポート

の順に進んでいってください。

そうすると下のようなデータ選択の画面が出てきます。

Winning Eleven 2017_20160918162431

ウイニングイレブン2017では自分で一つ一つのデータの反映先を指定することなくデータを移すことができます。これは便利!

しかし注意点があり↓

  • チームインポートはまとめて選択できるが一度でのインポート選択は多くても7~8チームにして、複数回に分けてインポートする
  • インポートデータを選択した後に出るチェック項目はどちらもチェックを付けない

この2つだけは気を付けてください。

「これは便利だ!」と思ってすべてのチームデータを選択して一気にインポートさせようとすると、処理負荷が掛かりすぎてゲームが強制終了してしまいます・・・そうするとユニフォームデータ等のゲーム内インポート上限数だけ埋めていって実際には反映されていないという、またゲーム内のデータを削除してデータを入れ直さなきゃいけないという二度手間になってしまいます・・・(これは管理人が実際に経験してかなり消耗しました笑)

また、ダウンロード元のデータが海外で作られたものなのでインポートデータを選択した後に出てくるチェック項目にチェックしてしまうと選手名等が全て英語になってしまいますのでここも注意です

Winning Eleven 2017_20160918162443

インポート先のチームは自動で選択されるのでチェックする必要はなく、その下の「選手情報~~~」をチェックすると選手名が英語という海外仕様になってしまいますので、これも避けておきたいところです(これも経験して直すの手間だったので皆さんはそうならないようにしてください笑)

これで作業は完了です!お疲れ様でした!

Winning Eleven 2017_20160918164220

ユニフォームデータだけでなく、監督やホームスタジアムも本物に修正してくれるのですごくリアリティがありますよね!

補足:チーム名は神データを使うと、どうしても英語表記に変わってしまうみたいなのでこれは後から手作業で修正が必要そうです。

 

神データマニュアルまとめ

いかがでしたでしょうか。これで更にリアリティのあるウイニングイレブンが今年も楽しむことが出来ます!毎年神データを作ってくれている有志の人、そして暗黙の了解で神データを取り込めるように配慮してくれているKONAMIさんに感謝しながらこのウイニングイレブンをもっと盛り上げていけるようにとことんプレイして楽しみましょう!


 - スポーツ