BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

FIFA16とウイイレ16を徹底比較!7番勝負で調査!

      2016/09/26


image.img出典:https://www.easports.com/jp/fifa

サッカーゲームの両雄、エレクトロニック・アーツ社のFIFAシリーズとコナミ社のウイニングイレブンシリーズ。毎年のように繰り広げられている「どちらを買うか」という永遠のテーマは、サッカーファンを常に悩ませている所ではないでしょうか。

今回発売されているFIFA16とウイニングイレブン2016、これらを徹底比較して様々な角度から検証してみました!

どちらかを避難したり、贔屓するような事はせずにあくまでフェアな観点で見ていこうと思います。それはFIFAに優れている部分があったり、ウイニングイレブンに優れているところがあったりと一長一短で、ユーザーによって優先事項が違うかと思いますので。

TOPの写真でFIFA16のメッシの画像を使っているのは深い意味ありません、ウイイレのネイマール画像よりカッコいいなと感じたので笑。

 

1,プロモーションムービー

まず最初はプロモーションムービーから比較してみましょう!

FIFA16 プロモーションムービー

サッカーの神様ペレがサッカーの奥深さ・魅力を語りながら始まるFIFA16のプロモーションムービー。ペレの冒頭の語りパートで実在している世界各国のスタジアムの画面や選手入場のシーンが流れていきます。そして各国の強豪チーム同士のの激しいマッチアップシーンへと移っていきます。スタジアムの紹介、女子チームの入場シーン、プレミアリーグやブンデスリーガの強豪チームのマッチアップシーンとFIFA16だけが備えているライセンス等の強みをフルに使っている感じがしますね。

BGM含め全体的に落ち着いた印象の構成です。これから始まるプレイヤー同士の激しい戦いの序章のようなものでしょうか。

ウイニングイレブン2016 プロモーションムービー

一方ウイニングイレブン2016のプロモーションムービーは、Queenのウィー・ウィル・ロック・ユーの軽快な音楽と共に今作のイメージ選手のブラジル代表ネイマールの登場から始まります。そして実際のプレイ画面の様々なシチュエーションとムービー部分の選手同士のマッチアップが交互に交差してゲームの魅力を紹介していきます。そして後半はゲームの各モード紹介と、FIFAに比べて倍近いムービー時間となっているので盛りだくさんといった印象です。

FIFA16のプロモーションムービーが壮大な冒険ファンタジーの序章のような位置づけれあれば、ウイニングイレブン2016のプロモーションムービーはいきなりアクセル全開のアクション映画みたいなイメージです。これは使用しているBGMの影響が大きいのでしょうけど。

 

ベストプロモーションムービーは FIFA16の「Play Beautiful」

両作とも様々なプロモーションムービーをリリースしているのですが、一番良かったのがこのFIFA16のPlay Beautiful!NIKEやadidasのような”動画として楽しめた”のがこの動画でした。NBAプレーヤーのコービー・ブライアントが出てくるのは反則技ですね笑

プロモーションムービーを見た時の高揚感、バリエーションでいったらFIFAの勝ちでしょうか。

2,新要素

FIFA16とウイニングイレブン2016の新たに搭載した要素をそれぞれまとめました。

FIFA16「FIFA UTIMATE TEAM,FUT ドラフトモード」

image_2.img出典:https://www.easports.com/jp/fifa

今作のFIFAの特徴的な新モードとしてFIFA UTIMATE TEAMのFUT ドラフトモードが搭載されています。これは与えられた選択肢の中から自分のベストチームを作るといったもの。フォーメーション選択→チームキャプテンの選択→各ポジションのプレイヤー選択といった流れで最強のチームを作っていきます。単に能力値の高い選手を選んでいくのか、ゲーム内の「チームケミストリー」と呼ばれる連携度を優先して作っていくかはプレイヤーの自由です。

今まで無かった与えられた選択肢の中からチームをつくり上げるというのはサッカーファンにとってやりがいのあるモードではないでしょうか。縛りがあったほうがかえって試行錯誤するものですからね。

そのFUTドラフトモードをやってみた元イングランド代表のギャリー・ネヴィル(元マンチェスターユナイテッド所属)とジェイミー・キャラガー(元リバプール所属)のプレイ動画は面白いですよ。ギャリー・ネヴィルがOMFに香川真司を選んだ時のギャラガーの反応が・・・笑

FIFA16「女子代表チームの登場」

image.img出典:https://www.easports.com/jp/fifa

FIFA16では女子代表チームが新しく搭載されています。登録されている女子代表チームはドイツ、アメリカ、フランス、スウェーデン、イングランド、ブラジル、カナダ、オーストラリア、スペイン、中国、イタリア、メキシコの全12チーム。この女子代表チームを使用してマッチデイ・オフライントーナメント・オンラインフレンドリーマッチを楽しむことが出来ます。ちなみに女子代表チームを選択した時は相手チームも女子代表チームであることが条件です。

ウイニングイレブン2016での新モードは特に無し

mode01_4出典:http://www.konami.jp/we/2016/

ウイニングイレブン2016では新しいモードは搭載されておらず、マスターリーグやmyclubといった人気モードが更にバージョンアップされました。

マスターリーグでは選手に「チームロール」の項目が追加され”下部組織出身”や”スタープレーヤー”といった称号がつくようになり、それらの称号によって選手の成長や所属している他の選手の成長が影響されるようになりました。また獲得交渉をした他チームの選手の移籍金を提示した・された額から更に交渉出来るようになったり、パス成功率やタックル成功回数など試合での細かいデータも表示されるように。

またmyclubでは従来のチームビルディングだけではなく選手育成の楽しみを強化し、今まで使っていた選手をトレーナーに転身させトレーニングで現役選手を強化することが可能になりました。選手を集めるだけでなく、誰をどのように成長させるかといった楽しみ方が可能になりました。

新モードの搭載でもFIFAの勝ちですね!ウイニングイレブンの場合はバージョンアップといった感じなので少し土俵が違いますが笑

3,取得ライセンス

ライセンスはFIFA16が変わらず圧倒的優位

みなさんも御存知の通り取得ライセンスはFIFAが圧倒的優位なポジションにいます。ウイニングイレブンシリーズには無いプレミア・ブンデスといった人気欧州リーグのチームライセンスも全てライセンス取得済みです。サッカーファンにとってよりリアリティのあるゲームを楽しみたいということは誰しもが思うところです。

ウイニングイレブン2016はUEFAチャンピオンズリーグという強力すぎるコンテンツ

逆にウイニングイレブン2016はUEFAチャンピオンズリーグのライセンスを取っています。これはFIFAシリーズにはない大きな魅力です。あのアンセムが流れる中での入場シーン、放送画面と同じ構成のプレイ画面は強力すぎるキラーコンテンツではないでしょうか。人気のマスターリーグでもチャンピオンズリーグが搭載されているので、自分のベストチームでヨーロッパチャンピオンを目指す事が出来ます。(ヨーロッパチャンピオンズリーグも収録されています)

余談:ウイイレには「神データ」という奥の手がある

ウイニングイレブンユーザーにとっては定番となりつつある奥の手、”神データ“の活用。ウイニングイレブンはライセンスをFIFA側に多く取られてしまっている都合で偽名のチーム名やユニフォームでの登録チーム(主にプレミアとブンデス)が多いのですが、エディット機能を活用して本物に限りなく近づける事が可能になっています。

KONAMIサイドがオフィシャルに認めているものではないのですが、年々エディット機能の幅が増えてきたりと自由度は増してきた印象があります。今作のウイニングイレブン2016では多数の実況音声データが収録されていたり、PS4では初のデータ取り込みが可能になったりとリアルなゲーム環境を再現することが可能になりました。

こちらに関しては違う記事でまとめていますので、こちらを参考にして下さい。

【DL先あり】ウイニングイレブン2016の神データ入れ方について

ライセンスの充実度はFIFAの圧勝神データを活用してようやくウイニングイレブンが肩を並べられるか?といったところでしょう。

4,グラフィック

23出典:http://www.konami.jp/we/2016

グラフィックに関してはどちらもかなりのクオリティではないでしょうか。PS4版はかなりの映像美でどちらも甲乙付けがたいですね。ただ、FIFAの方はしいて言うなら”洋ゲーっぽさ“があるように思います。顔の色素が薄いというか、のっぺりとしているというか。いくつか検証してみましょう。

FIFA16

maxresdefault

fifa_16_rmannounce_carvajal_wm-7

20150619_fifa16_01

ウイニングイレブン2016

ウイニングイレブン2016

611822

71YqUI2nDUL._SL1500_

良作ともかなりの再現性になってきているので明らかな差は無いですが、FIFAシリーズは日本代表などのアジア人選手の顔の作りこみがどうも苦手なようで、全体的な再現性で言ったらウイニングイレブンの方が優っているでしょう。細やかな仕事は日本のお家芸といったところでしょうか。よってグラフィック部門はウイニングイレブン2016に軍配が上がったと言えるでしょう!

5,プレイ画面

プレイ中の画面はどのような形でしょうか、こちらは動画で検証です!次の動画はすごくわかりやすくまとめられています、どちらにするか迷っている人は見てみると良いですよ!

FIFA16とウイニングイレブン2016の比較動画

通常のゲーム画面はほぼ変わらないですね、ただここでも細かいところに差が出てきています。それはゴールセレブレーション時の表情の豊かさやコーナキックの時の選手の動きなど。比較しないとまず気づかないような部分ですが、このあたりの細かさは最終的なクオリティに影響してくるはずです。

どちらもゲームをプレイする上ではストレスは無いでしょうが、総合的な部分ではウイニングイレブンの勝ちですかね。

でも、FIFA16から再現されているバニシングスプレーは凄く好きです笑。サッカーファンならこの部分がツボな人も多いんじゃないでしょうかw

Fifa16_VanishingSpray出典:https://www.easports.com/jp/fifa

 

6,ゲーム操作性

ゲームの操作性に関しては少し観点が変わってきます。よく言われているのは”よりリアリティなのはFIFA“”よりゲームとして楽しめるのはウイイレ“といった部分です。かいつまんでの説明となりますが

ウイニングイレブンだとある程度どんな体勢でも強力なシュートを打ち込めますが、FIFAでは全然強いシュートにならなかったりします。

比較的ゲーム初心者でもバルセロナのように華麗なパスワークをポンポン繋いでゴールまで持っていけるのがウイニングイレブンで、パスの強弱・タイミングを見計らいながら組み立てていく必要があるのがFIFAといったところでしょうか。

ゲーム操作性に関してはどれだけそのゲームバランスに慣れているかという所が大きく影響してくるでしょうから、こればっかりは一概に勝ち負けで決められないですね。ごめんなさい!笑

自分の思うようなサッカーがゲームで簡単に出来るのが楽しい人もいますし、少し難しいからこそ練習してそれがうまく行った時の達成感があった方が好きな人もいますからね。

7,それぞれのユーザーレビュー、評価

7番勝負の最後!最後に実際に体験した人の感想をピックアップしてみます!よくネット上で自分がやっていない方のゲームを批判する投稿も多いので、その辺りは省いておきます。実際にそのゲームをやった人の評価を集めました

FIFA16

  • メッシのタトゥーやスアレスのテーピングが忠実に再現されている、細かい!
  • やっぱりFIFAシリーズといった感じで良くも悪くも大きな変化はない
  • マニュアルコントロールの奥の深さはFIFAならでは。極めると本物のサッカーのようなゲームを楽しめる
  • 試合中のチャントがかなり作りこまれている。リバプールのホームゲームでは[you’ll never walk alone]の大合唱!
  • 顔の作りこみはやっぱり浅いかな

 

ウイニングイレブン2016

  • 今までに比べて動きがかなりなめらかになった
  • 素早いパスワークが出来るようになった
  • ゴリ押しでドリブルできる通称”ゴリブル”が通用しなくなった
  • 守備の駆け引きが出来るようになった
  • 友達と遊ぶならやっぱりウイイレ!皆で楽しめる部分はゲームとして必要
  • 日本人プレイヤーが多く所属しているブンデスリーガのライセンスが無いのは残念

 

レビューに関しては、ウイニングイレブンは過去の数作品は比較的叩かれているイメージがあったのですが、2015辺りから盛り返してきているように思います。FIFAの方はFIFAシリーズをやっている人からしたら”やっぱりFIFAだよな”みたいな意見が多かったですね。仮に今後FIFA→ウイニングイレブン、ウイニングイレブン→FIFAといったようにゲームを移行した時にギャップはもちろんありますよね、全体的に似ているとはいえ細かい部分のクセや特徴は違いますから。

悪かった評価から良い評価が多くなった、印象が変わったというのはウイニングイレブン2016の方が多いですかね。ですので、ウイニングイレブン2016の勝ちにしようと思います。

安定のFIFAという部分は変わらずです。FIFAが好きな人ほどウイニングイレブンを何故か叩く傾向もあったりしますよね。なんですかね、あの不毛な感じ笑

がんねん坊やのまとめ

いかがでしたでしょうか。各項目の比較数で言うとFIFA16が3勝1分けウイニングイレブンもなんと3勝1分けといい感じになりました笑 狙って甲乙つけたわけではないので、本当に両者とも拮抗しているんだなとあらためて感じますね。あとは自分がどの部分を重要視して選ぶかですね、その優先順位をつけた上で選べば後悔しないでしょう。

スポーツゲームって凄く難しくて、新たな筋書きやキャラクターを増やせるものでも無いのでゲームシステムの幹が出来たらどうしてもバージョンアップを繰り返す作業になってしまいますよね。

マンネリだなんていう人もいますが、そりゃそうでしょと僕は思っています笑 そんな指摘はそれだけやり込んでいる熱心なファンの声でもありますけどね。

ミニゲームモードみたいな感じでビーチサッカーとかストリートサッカーとかを実在の選手で出来たら楽しそうですけどね。ライセンスとかのオトナの事情で難しいんですかね笑

僕はちなみにウイニングイレブンシリーズを長らくやってきているのでウイニングイレブン派なんですけどね。残念ながらもうそれで身体が慣れてます笑 ライセンスの問題は神データで個人的に楽しめているので十分です。

FIFAも普通に楽しいですよね、実際にFIFA14を買った事もあって当時はウイニングイレブン2014と両方しばらくやったりもしましたし笑

ちなみにゲームを買う時はAmazonでも楽天でもなく、「駿河屋」というゲーム通販の老舗サイトが一番のオススメです。

いつもゲームを買う時に駿河屋で買っているのですがここが普通に一番安いです、Amazonが一番安いと思っていましたがそこより更に安かったりするのでもうゲームを買う時はここからしか買っていません笑

サイトはコチラからどうぞ。
『駿河屋ゲーム』

 - スポーツ