BOYA

「それ、ちょうど知りたかった!」をお届けするお役立ち情報マガジン

*

ブルーボトルコーヒー初体験記、グッズとか普通にオシャレ。

   


写真 2015-11-01 15 32 29

ずっと気になっていたコーヒー界のappleことブルーボトルコーヒーへようやく行くことが出来ました!清澄白河ってブルーボトルコーヒー以外にもカフェが凄く多いんですね、雰囲気が洗練されていて素敵でした。さすが話題のお店、オープンしてだいぶ経つのですがまだまだ賑やかです。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)について

写真 2015-11-01 15 43 02

ブルーボトルコーヒーのルーツはアメリカのサンフランシスコ。創業者のジェームス・フリーマンは元々クラリネット奏者だったのだとか。しかし彼がクラリネットと同様に愛し、情熱を向けていたのがコーヒーであった。”本当に美味しいコーヒーを作ろう”、そう決意したのが2002年8月。

スタート当初は自宅のガレージからの出発だった。完全にスティーブ・ジョブズと一緒ですね、妥協しない情熱と創業時の物語それがコーヒー界のアップルと言われる所以でしょう。

アメリカでは多くのコーヒー愛好家を魅了し、GoogleやTwitterの創始者も出資をしているんだそう

下調べの時点で期待は高まるばかり!

待ち時間は20分ほど

写真 2015-11-01 15 22 30

2015年2月のOPENから約9ヶ月、時間帯も15時過ぎに向かいました。行く途中で既にブルーボトルコーヒーのカップを持ちながら帰っている人がちらほら。到着すると予想していたよりは比較的落ち着いた人の列でした。

写真 2015-11-01 15 07 27

列が乱れないように誘導員さんも2名いて、どうやら20分ほどの待ちとのこと。日曜日ながら行く時間が良かったのか、それなりに空いている印象です。

列に並ぶ前にそそっと撮影

写真 2015-11-01 15 42 34

外の列だけで安心してたら中に人が沢山!レセプションパーティーじゃないよね!?・・・普通に中にも待ちの列でした、やはり話題のブルーボトルコーヒーは人気。

 

途中場所を少しはけて喫煙をしていた人が誘導員さんに注意されていました。店舗周辺(もしくは街全体?)がポケット灰皿を持っていても喫煙はNGみたいです。愛煙家の方は要チェックポイントですタバコを吸いながらコーヒーでひと休憩、そんなシチュエーションは厳しいみたいです。

そして、15分ほどで中に入れました

写真 2015-11-01 15 22 30

コーヒーを買う人と、提供を待つ人でこの賑やかさ。でもどれだけ混んでても誘導員が中の人数を見極めて店内に案内してくれますのでストレスになるような店内環境にはならないです。

一点気になったのは店舗の大きさに対しての席数の数。店内の約半分のスペースはストック置き場や販売用コーヒー豆の仕分け所みたいなスペースで区切られていて、席数はざっと見渡して30〜40席ほどでしょうか(テーブル席が12,13ほどのイメージ)。休憩中・食事中の方がほとんどでしたので撮影は避けましたが、店内の雰囲気を味わいながらコーヒーを一杯。というのは休日の場合、根気強く待つかよっぽどの良タイミングでなければ厳しそうです。

店舗の外で座り込んで飲んでいる人達も何組か見受けられました。

並んでいるとメニューを渡してくれます。

写真 2015-11-01 15 23 53

このマーク、何か惹かれるんですよねぇ。不思議。

写真 2015-11-01 15 24 00

よし、ラテアートを見たいからカプチーノに決まりッ!あれ・・・

写真 2015-11-01 15 26 06

ウォーター300円・・・

あれ、あ、水?いや、ちが・・・いや、やっぱ水だって!

気になる人多いはず、いっそのことウォーターを頼んでネタ記事に・・・

という煩悩もつかの間、普通のテンションでカプチーノ頼みました。。。

 

そんな事はさておき、レジ前にはブルーボトルコーヒーのオリジナルグッズの数々

写真 2015-11-01 15 27 46

写真 2015-11-01 15 27 58

うわぁ、このセラミックドリッパーいいな・・・。家にあるとテンション上がりそう!

写真 2015-11-01 15 27 54

このロゴマークが無機質な紙袋に一層と映えますね。

写真 2015-11-01 15 28 05

そして注文、目を下げるとフードメニューがズラリ(わかりやすい!)

写真 2015-11-01 15 30 00

なるほど・・・

カプチーノと、

リエージュワッフルひとつ。

誘惑に弱めなぼくです。

 

そして待っている時すらもワクワクさせてくれる目の前でのドリップ。

写真 2015-11-01 15 31 18

頼んだカプチーノはこちらで仕上げ。

写真 2015-11-01 15 37 50

高まる期待!

写真 2015-11-01 15 33 12

いよいよカプチーノとご対面!

写真 2015-11-01 15 40 25

凄く丁寧に一杯を用意してくれた印象です。ぼくはコーヒーが好きで毎日飲んでいますが、残念ながら語れる知識は持ち合わせていません。見栄でコーヒーを語るのも一瞬でバレる気しかしないのでヘタな語らいはやめときます。

ですが普通に美味しいです、ネット上であまり美味しくないといった評価もありますが普通に美味しい。コーヒーだけの甲乙でなくお店の雰囲気、演出を全て含めてブルーボトルコーヒーというブランドを形成しています。そのトータルで判断してみて、ブルーボトルコーヒーに行く目的だけで清澄白河に行きましたが満足感がしっかりとありました。

写真 2015-11-01 15 42 11

つい頼んでしまったリエージュワッフル(¥500)コレ絶対頼んだ方がいいですよ!笑 本当に美味しい!

ブラックコーヒーと甘いものの組み合わせ大好きなので次行く時は、このワッフルとブレンドコーヒーですね。

絵になる建物、どこを撮っても雰囲気良し

写真 2015-11-01 15 35 49

ブルーボトルコーヒーはどこを撮っても絵になりますね、店内でたくさんの人が写真撮影をしていました。ついつい撮ってSNSに上げたくなるその気持ち、わかりますよ!笑

オシャレなグッズ、ほしい・・・

写真 2015-11-01 15 27 38

家にブルーボトルコーヒーのグッズがひとつでもあると気持ちも高ぶりそう。一人暮らしのメンズがこれ持ってると間違いなくドヤれますね。「おれ、コーヒーすごい好きなんだよね」って言いながらブルーボトルコーヒーのカップをさり気なくスッと・・・そんな憎いシティボーイ演出もできますよ!

このブルーのロゴマーク、デロンギの電気ケトルと絶対相性良いだろうな。ずっと気になっているこの電気ケトル、ブルーボトルコーヒーのマグとセットで今度買おう。決めた!

がんねん坊やのまとめ

OPEN当初はテレビで見ている限り行列が凄くてなかなか億劫になってしまったブルーボトルコーヒー、青山店もできましたがこの清澄白河店が良かったのでようやく行くことが出来ました。混雑も多少緩和されはじめていましたね、そろそろ行き時なのではないでしょうか。

そして行ったらリエージュワッフルも忘れずに!おいしくて絶対感動しますよ!笑 もちろんコーヒーも美味しいのでオススメです。

写真 2015-11-01 15 47 06

 

 - カラダのこと